ガラスにテープ跡が残らないようにポスターを貼る方法

「窓ガラスに貼ったテープが残ってなかなか取れない…」
「ベタベタのテープ跡が残ってしまった!」
そのような状態でお困りでしたら、それはお使いのテープが原因かもしれません。
というわけで今回は、ガラスにテープ跡が残らないように貼る方法を紹介します。
それではまいりましょう!

ガラスにテープ跡が残らないようにポスターを貼る方法


ウォールステッカー.comのスタッフが、様々なテープを検証した結果「これだ!」と思ったポスター貼りに最適なセロハンテープは「3M Scotch 超透明テープ」です。
ポスターを綺麗に貼る手順とともにご紹介いたします♪


1. マスキングテープで仮留めをします

まずは、ポスターを貼りたい位置を定規で正確に測りながら、マスキングテープで仮どめをします。
仮どめをしたあと、実際に外側からチェック、ズレがないかなど確認をしましょう。
窓の形状やガラス戸の凹凸によっては、定規で測ってもまっすぐに見えない場合があります。
自分の目で見て微調整することをオススメします。

2. 超透明テープで固定していきます

ポスターがよれないように注意しながら「超透明テープ」で貼り付けていきます。
軽い力で簡単にはがせるので、固定した後からでも、よれてしまった部分を貼り直すことができます。

3. よれてしまった部分の空気を抜いていきます

このように半分ほどポスターをはがし、内側から外側に手でこすって空気を押し出し、ガラスとポスターを密着させていきます。
しっかりと空気を抜くことが、外側から見た時に美しく見えるコツです。

4. 完成!

完成です♪

どこからどこまでがテープなのか分からないほど、透明で美しい!
なお使用した「超透明テープ」は、半年ほど日にさらされても黄ばむことなく透明なままでした。
はがした後、ガラスにベタベタした粘着面が残ることもなく、窓を汚すこともありませんでした。
ぜひ、お試しくださいませ♪



624円 (税込)

長時間貼っても黄ばみにくい
変質・変色・湿気に強い
高い透明度とキレイな剥がし跡


口コミを引用してご紹介

貼りやすさ、透明性、貼った後の安定性、どれも満足です。貼るときに切ったテープの片端、または両端を、数mm折り返して非粘着部分を作っておく。これで、次に剝がすときが楽になる。

劣化して、黄色くなったりせず重宝しています。貼り込みの影も出なくて高級感があるのに低価格です。見栄えにこだわる工作にも使えると思います。

ここ数年100均のテープを使っていたのですが、久々に大手メーカーの本品を使用してみて「こんなに質が違ってたっけ」とあらためて感じた次第。透明度もスゴイ!


この記事は随時更新していきます!

ステキな商品との出会いはありましたか?
随時更新していきますので、ぜひブックマークしてくださいね。