ホワイトボードをマグネット機能付きのまま壁に貼る方法

「学校からのプリントを冷蔵庫に貼っていたら開けにくくなってきた…」
「壁に貼ってはがせるマグネットシートってないの?」
「ホワイトボードシートが落ちてくるので困ってます」
お子様がいらっしゃる家庭ならお分かり頂けると思うのですが、冷蔵庫に学校からのプリントなどがマグネットで貼られまくり、開けにくくなってしまいがちです。
というわけで今回は、ホワイトボードをマグネット機能付きのまま壁に貼る方法を紹介します。
それではまいりましょう!

絶対壁に穴をあけたくない場合

マグネット機能付きのホワイトボード「ピタボ 吸着シートタイプ」を使った例です。

平滑面ならピッタリと付きますが、壁は少し凸凹しています。

この商品は意外と重いため、大きいサイズを長時間使っていると落ちてしまいます。

そのため、壁側にマスキングテープを貼ることでピッタリと付くようになります。


コクヨ ホワイトボード ピタボ 吸着シートタイプ 無地 FB-P23W

6,689円 (税込)

口コミを引用してご紹介

1. 壁面にマスキングテープを貼り付けたい位置に隙間なく貼り付ける
(貼り付け部分に対して一回り大きく枠を作ってから内側を貼ったほうが出来上がりがきれいになります)
2.その上から梱包用の透明なテープを同様に隙間なく貼り付け
3.ピタボをその上から貼り付けてしっかり押し付ける
これで見事にぴったり貼り付きました!

マステで枠を作って貼りました。
半年経ちますが全く剥がれる気配はありません。

マスキングテープを四辺に上から貼ったところ問題なく固定されました.このホワイトボードもそれなりに重さがありますが,テープが剥がれそうになることもありません.


3M スコッチ 平面紙マスキングテープ 244 50mm幅x18M 2巻入 244 50X18

799円 (税込)

口コミを引用してご紹介

粘着力が結構あるので、意外とガムテープとしても使えます。
のりが残らないので、壁にポスターを貼ったりもできます。

壁に仕事の資料を貼ったり、マーキングする時に使っています。
剥がしても跡が残らないので安心です。

一般家庭でも、壁紙に貼った上から両面テープでリモコンを固定したり、壁に取り付けるタイプの家具の位置決め用に使ったり、出番は多いです。


最小限に穴をあけてもいい場合


コクヨ ホワイトボード 軽量タイプ 無地 FB-SL34W

11,080円 (税込)

オーソドックスなホワイトボードです。

クギを使えば小さな穴を2~3か所開けるだけですので、外した後も簡単に埋められます。

口コミを引用してご紹介

一番心配だったのは、マーカーで書いた文字がきちんと消せます。大きさが大きくなると消えにくくなる傾向があると聞きますが、この商品はそのようなことはありませんでした。

心配していた壁への取り付け方法ですが、附属の木ねじ2本で運よくしっかりと決まりました。

安いホワイトボードは使っているうちに表面のコーティングが劣化していきますが、これは今のところ大丈夫のようです。さすがコクヨですね。


この記事は随時更新していきます!

ステキな商品との出会いはありましたか?
随時更新していきますので、ぜひブックマークしてくださいね。