発見!ガラスにテープ跡が残らないポスター用テープの決定版

店長のYukiです!

ポスターをガラス窓からはがす時、古くなったテープがちぎれてはがすのに苦労したり、ガラスに「テープあと」が残ってしまって掃除が大変だったことってありませんか?

それは、お使いの「テープ」が原因になっているかもしれません。

今回はウォールステッカー.comのスタッフが様々なテープを検証した結果、「これだ!」と思ったポスター貼りに最適なセロハンテープをご紹介します。

使用したテープは「3M Scotch 超透明テープ」です。

超透明テープ

まずは、ポスターを貼りたい位置を定規で正確に測りながら、マスキングテープで仮どめをします。

マスキングテープで仮どめをしたあと、実際に外側から確認してみて、ズレがないか確認してみてください。

窓の形状やガラス戸の凹凸によっては、定規で測ってもまっすぐに見えない場合がありますので、自分の目で見て微調整することをオススメします。

仮どめ

ポスターがよれないように注意しながら「超透明テープ」で貼り付けていきます。

貼り付け

「超透明テープ」は一度貼ってしまっても、軽い力で簡単にはがせます。

ですので、固定してしまってからでも、よれてしまった部分を貼り直すことができます。

はがし

このように半分ほどポスターをはがし、内側から外側に手でこすって空気を押し出して、
ガラスとポスターを密着させていきます。

空気抜き

この時にしっかりと空気を抜くことが、外側から見た時に美しく見えるコツです。

ポスター裏側

完成です。

今回はウォールステッカー.comのサイトデザインリニューアルに合わせて、店舗のポスターもリニューアルしました。

前回のポスターも「超透明テープ」を使用したのですが、半年ほど日にさらされても黄ばむことなく透明なままでした。

はがした跡にガラスに粘着面がついたまま残ることもなかったので、窓を汚すこともありませんでした。

ぜひ、お試しくださいませ!

完成

3M スコッチ 黄ばみにくい超透明テープ

注意: このテープは当店で販売しておりませんので、リンク先のAmazonさんでお買い求めください。

動画はこちらをご覧ください。



  • 2015/04/08 17:14:22
ブログ内検索
アーカイブ